人気記事
個人事業主 パート 掛け持ち 確定申告

パート掛け持ちの個人事業主さんに朗報です。

結論からお伝えすると、
パート掛け持ちで、なおかつ
事業が赤字の場合、パートの所得を抑えて
住民税と所得税を節税できます。

なぜなら、
事業の赤字を給与所得と合算して
所得を計算することができるからです。

所得を合算することで、
あなた個人の所得が全体的に下がり、
所得によって納税額が変わる、
「住民税や所得税」の納める金額も下がります。

ですが、何事もやりすぎは禁物です。

パートの所得を消すほど経費を入れて赤字を出すことは
税務署に目が付けられやすいです。

事業が安定する1〜2年以降は、
気をつけましょう。

こちらの記事では、
個人事業主でありながら
パートを掛け持つ人の確定申告について

解説していきます。

家賃の5割を経費にする方法

車の経費・家事按分比率は『3割が目安』

確定申告の丸投げは相場5万円。クラウド会計で楽に安くする方法アリ

個人事業主ならパート掛け持ちでも確定申告すべき

あなたが個人事業主であるなら、
そもそも「確定申告をしない」という選択肢は有りません。

事業を営んでいる以上、
事業収益を把握して、申告することはすべきです。

なぜなら、個人事業主は、
赤字を3年間繰り越すことができるからです。

赤字を繰り越すことができれば、
未来に利益が出た際に所得税を抑えることが可能です。

赤字の繰越に関しては、
以下の記事でまとめているので参考にしてみてください。

個人事業主は確定申告しないと損。赤字を繰り越し、来年の利益を圧縮しよう

では、
なぜパートと掛け持ちなら節税できるのでしょうか?

事業が赤字の場合、住民税を節約できる

個人事業主でパート掛け持ちの方が
節税できる理由は、
事業の損益をパートの給与所得と合算することができるからです。

つまり、
もしあなたの事業が赤字であり、
なおかつ
一定の給与所得があれば、
1年間のあなた個人での所得を計算する際に
事業の赤字で給与の所得を減らすことができるのです。

個人の所得が減るということは、
所得税が減ります。

また、
住民税も個人の所得によって
納税額が変わります。

ですから、
所得が下がれば
自ずと納める税金も安くなるということなのです。

ですが、
やりすぎは禁物。

適正な価格があります。

パートの所得を消す程の赤字はまずい

例えば
あなたの事業の赤字がマイナス50万円。
給与所得が60万円だとすると、
一年間のあなたの所得は60ー50の
「10万円」ということになります。

ですが、先程も書きましたとおり、
やりすぎは禁物です。

今回の場合だと、
給与所得を消すような赤字はまずいと言えるでしょう。

例えば
赤字が100万円もあると、
その年の所得は、マイナスとなり、
国から所得税が返ってくることになります。

いわゆる還付金というものですが、
実は、還付金が帰ってくると、
税務署から目が付けられやすい
です。

一度目を付けられると、
税務調査が待っています。

税務調査に入られると、
必ずと行っていいほど何かしらの形で
追加で税金を支払う必要があります。

ですから
給与所得を消すための経費の詰め込みは
辞めておきましょう。

事業が安定するまでの1〜2年なら赤字は仕方ない

税務調査があるものの、
事業が安定する1年目や2年目の赤字は、
そんなに目を付けられません。

ですから、
税務調査に怯える必要は無いでしょう。

ですが、
あくまで常識の範囲内の経費に収めておきましょう。

何でもかんでも詰め込んで経費計上していると、
たとえ1年目でも税務署は容赦なしです。

経費の判断基準は『事業との関連性とあなた次第』

まとめ|賢く節税してお金を少しでも残す

一度開業をすれば、あなたも経営者の一人です。

会計や税務の知識があれば、
全く何もしない人と比べると
手元に残るお金が変わってきます。

しかも知識は一生モノ。

一度理解すれば、
今後ずっと賢く利用できます。

だからこそ、
1日でも早く学んでおきましょう。

どんなものが経費になるの?
という方は、こちらの記事が参考になります。

経費の判断基準は『事業との関連性とあなた次第』

また、
税理士でセミナー講師も務める
出口 秀樹さんが書いた、
「知れば知るほど役立つ税金の本」
には、140の節税知識
初心者でもわかりやすく、書かれています。

文庫本タイプで読みやすいので
ぜひスキマ時間にサッと読んでみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事