人気記事
個人事業主 開業届 ネット

ネットで開業届の提出は、
意外と簡単ですよ。

方法は、

  1. 必要な機材を用意する
  2. ウェブで開業届を作成
  3. 税務署に送信する

と、たった3ステップで開業届の提出が終わってしまいます。

必要な機材も

  • マイナンバーカード
  • ICカードリーダー 約2000円

の2つだけ。

しかも、ICカードリーダーは、確定申告時も利用可能

令和2年分の申告から
通常で申告するよりも
ネットで確定申告書を提出すれば「10万円」所得控除額がアップします。

つまり、
手元に残るお金が増えるのです。

平成 30 年度の税制改正での主な変更点は次のとおりです。
個人の方の所得税について
①青色申告特別控除額が変わります。(現行 65 万円⇒改正後 55 万円)
②基礎控除額が変わります。 (現行 38 万円⇒改正後 48 万円)
③「現行の65万円の青色申告特別控除」の適用要件に加えて
e-Taxによる申告(電子申告)又は電子帳簿保存を行うと、引き続き65万円の青色申告特別
控除(以下、「65万円控除」といいます。)が受けられます。
※ 以上の改正は、令和2年分以後の所得税について適用されます。

参考→国税庁

こちらの記事では、
電子申告をするメリットについて
お伝えしていきます。

手当が貰え、節税もできる開業届提出の時期・事例

開業届を書く際の『11の注意点』

ネットで開業届を出すメリットは「楽&お得」

ネットを利用して開業届を提出するメリットは、

  • 郵送や持参しなくてもいい
  • 確定申告時もネットで申告すれば10万円お得になる。

と、2点あります。

まず、1点目「楽」という点。

やはり、郵送や持参で開業届を提出するのは
正直めんどくさいです。

例えば、開業後に引っ越した場合。

住所地が変更するため、
新たに変更届を提出する必要があります。

この場合、また紙を用意して記入し、
郵送や持参しなければいけません。

ネットを使えば、紙の記載は不要。

項目の変更や追加で出す届出書も
ラクラクに申請・提出ができます。

また、2点目である「得」という点。

実は、
令和2年分の確定申告から電子申告(ネットで申告書を提出すること)するだけで
10万円分の所得控除を追加することになっています。

つまり、
「利益が10万円抑えられ、手元に残るお金が増える」
ということなのです。

国もネット申告を推奨しており、
これからの時代はネットで申告や書類を提出するヒトが
どんどん増えてくるでしょう。

では、
ネットで開業届を提出するにあたって、
どのような物が必要なのでしょうか?

素人でも無料で開業に必要な各届出書を作成する方法

必要なものはマイナンバーカードとICカードリーダー

必要なものや
・マイナンバーカード
・ICカードリーダー
の2つのみです。

マイナンバーカードはお住まいの区役所で
申請をすれば約2〜3週間で作成可能です。

ちなみに、
確定申告前は、マイナンバーカードの作成が
殺到することが予想されるので、

早めに作成依頼をしたほうがいいですよ。

ICカードリーダーは、
家電量販店やアマゾン、楽天で簡単に手に入ります。

効果なものは、必要なく、
安価なもので十分です。

カードリーダーにも種類があるので
お使いのPC(MacかWindowsか)を確認しておきましょう。

例えば以下のようなモノです。

Windowsならこちら

Macならこちら

こちらにマイナンバーカードなどをかざして
身分証明し、電子での申告が完了します。

詳しい申告の方法は、
こちらを御覧ください。

システム利用の流れ|国税庁

電子での申告は
郵送する手間もなくなり
ましてや持参して列に並んで申告書の提出なんて
しなくてすみます。

千円程度のICカードリーダーを使うだけで
10万円も売上を抑えることができるのです。

経営者としてこれはしない手はありません。

「めんどくさそう」
といって食わず嫌いをしていると
みすみす10万円損してしまいます。

しかもICカードリーダーですれば10万円得するなんて
情報はまだまだ浸透していません。

ですから
こちらの記事を見たのがチャンスだと思って
しっかり今年は電子で申告するようにしましょう。

まとめ|時代に合わせてネットで提出しよう

ネットを使えば、
税理士に依頼しなくても税務署へ提出する資料が
いとも簡単に作成できて、なおかつ
提出も簡単です。

ぜひ試してみてください。

家賃の5割を経費にする方法

赤字でも確定申告をした方がいい理由。

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事