人気記事
freee (フリー) クレジットカード メリット

 

「freee (フリー)のクレジットカードを
作るメリットはあるの?

結論からお伝えすると
freee (フリー)のクレジットカードは
すぐ作成すべきです。

なぜなら
3つメリットがあるからです。
そのメリットとは

  1. 個人用と事業用、使い分けて経費を可視化させて抑える。
  2. 現金決済をカードで行い、経理にかける時間を減らす。
  3. 無料で税理士・社労士・弁護士と相談可能&他にも特典有

の3点です。

開業時期に
1日でも早くカードを上手く利用すればするほど
今後のあなたの経営が楽になりなおかつ有利に進めることができます。

こちらの記事をご覧いただければ
カード利用の良さを知ることができ
今後の経営効率が上がります。

【最新】クラウド会計ソフトfreee (フリー)|口コミ・評判を徹底調査

freee (フリー)の全メリット・デメリットまとめ

 

「個人と事業」クレジットカードの使い分けは、必須

開業したての頃は右も左もわからず
とりあえず目の前の事象をこなしていく人も多いと思います。

ですが一人の経営者として
目の前の事に追われていては先行き不安です。

そんなときに
経理の入力の中で
「この経費って自分のやつかなぁ?
お客様とのものかなぁ?」

と、「どっちが自分の経費だったか」
に頭を悩ませていては時間が勿体ないです。

いざ経理の際に悩まないためにも

「個人用」と「事業用」とで
クレジットカードを使い分ける必要があります。

できるだけ早い時期に
用途別にカードを使い分けていれば
経理の際に頭を悩ます必要がありません。

またカードを使い分けることで
「経費としての支出」が明細を見ただけで一発でわかります。

もしカードが1つしか無く
個人と事業の経費が入り混じっていると
いったい経費としてどれだけ利用していたのか
皆目検討がつきません。

これでは
経営数値の判断が鈍ってしまいます。

カードは支払いが遅れる分
経費把握が難しいです。

カードを使い分け、経費が可視化されることで
「先月は使いすぎているなぁ」
というような経費の歯止めが効きます。

 

自動取込の経理時短をなめてはいけない

また用途別にカードを使い分けるもう1つのメリットが
「経理の時短」です。

freee (フリー)ではクレジットカードを予め会計に登録しておくことで
自動で利用明細を取込み、自動で仕訳をしてくれます。

だから使っても使っても経理負担が増えないのです。

さらに
普段の現金利用をすべてクレジットカードに変更してみてください。

カード払いに変更することで
細かなレシート入力とおさらばすることができます。

経理の大半の仕事はレシート入力。

レシートの入力が無くなることは
経理負担が大きく下がります。

だからこそ
用途別にカードを使い分け、クレジット支払いを増やすべきなのです。

 

【元会計事務所職員が伝授】『自動化と脱現金』でクラウド会計を楽にする使い方

 

開業時期で資金が少ないからこそ「使えるものは全部使う」

開業時は手元資金が少なく
極力支出を抑えたいものです。

freee (フリー)のカードは年会費無料。

なおかつ
嬉しい特典がたくさんあります。

  • クラウド会計費用に使える2,000円OFFチケット
  • 「モノタロウ」10%OFFクーポン
  • 人材募集広告料30%オフ
  • 弁護士への相談1回無料
  • 税理士への相談1回無料
  • 社労士への相談1回無料

などなど

特に
士業への相談無料は魅力的です。

通常士業への相談は1時間5000円が相場

相談するだけでもお金がかかってしまいます。

その相談費用が無料になるというのは
もしもの時にも安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから個人事業主として
社会で生き残っていくためにも
レシート入力など無駄な労力を切り捨て
経営に割く時間を増やしていきましょう。

今回の記事が
誰かの参考なれば幸いです。

freee (フリー)のクレジットカード詳細

【個人】クラウド会計ソフトの使い方|日々の経理・入力の流れを解説

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

 

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事