人気記事
freee (フリー) e-tax(イータックス) 電子申告 確定申告

 

「e-tax(イータックス)って何?」

 

e-tax(イータックス)とは国税庁が開いている
税務署の電子窓口です。

実は
freee (フリー)なら
e-tax(イータックス)を利用して確定申告書類を
郵送や持参せずに提出(電子申告)することが可能なのです。

方法は簡単で

  1. freee (フリー)を使って簡単に確定申告書を作成する
  2. ICカードリーダーを利用してマイナンバーカードもしくは
    住基カードをかざす

この作業だけで電子申告完了です。

しかも
2021年申告からは、
青色申告で電子申告をする人は優遇措置があります。

今までは青色申告では所得控除金額が65万円だったのが
2021年申告からは55万円に減額。

基礎控除と呼ばれる誰しもが持っている控除額が
38万円から48万円へ増額されます。

さらに電子申告をすれば
青色申告なら65万円に増額されます。

参考→国税庁|青色申告特別控除額・基礎控除額が変わります!令和2年分の所得税確定申告から

つまり、国が電子申告を進めているのです。

ですから今のうちから電子申告の準備を
整えて置きましょう。

freee (フリー)の本は『1,980円分のクーポン付』だから"実質タダ"で手法が手に入る

電子申告に必要なものは
ICカードリーダーとカードを用意するだけ

電子申告を行う時に必要なモノは、

  1. マイナンバーカードもしくは住基カード
  2. ICカードリーダー

以上です。

マイナンバーカードや住基カードは
お近くの役場に行けばすぐに作成できます。
(→2021年の申告時期になるとみなさん駆け込みで
カード作成に走ると思いますので
早い内に作成しておきましょう。

またICカードリーダーは
Amazonなどのネットショッピングですぐに手に入ります。

例えば以下のようなモノです。

Windowsならこちら

Macならこちら

どのようなICリーダーでも問題有りません。

こちらにマイナンバーカードなどをかざして
身分証明し、電子での申告が完了します。

電子での申告は
郵送する手間もなくなり
ましてや持参して列に並んで申告書の提出なんて
しなくてすみます。

電子申告で得る10万円の所得控除は大きい

電子申告によって得る10万円の所得控除は大きいです。

端的にいうと
「10万円の使ってもない経費を国が認めてくれた」
ということです。

つまり、
千円程度のICカードリーダーを使うだけで
10万円も売上を抑えることができるのです。

経営者としてこれはしない手はありません。

「めんどくさそう」
といって食わず嫌いをしていると
みすみす10万円損してしまいます。

しかもICカードリーダーですれば10万円得するなんて
情報はまだまだ浸透していません。

ですから
こちらの記事を見たのがチャンスだと思って
しっかり今年は電子で申告するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

freee (フリー)で確定申告を作成し
電子申告をすれば楽に申告書を提出することができます。

どの作業も簡単ですので
ぜひチャレンジしてみてください。

また、freee (フリー)で確定申告書を作成する際の参考として
こちらの記事
「→青色申告で確定申告するなら断然freee (フリー)|『誰でも簡単に素早く』作成可能
も参考になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事