人気記事
freee (フリー) 開業 独立 個人 フリーランス

 

 

「今度、個人事業主・フリーランスとして
起業するんだけど何から手をつければ良いんだろう

 

結論からお伝えすると、
freee (フリー)なら固定費を抑えて
起業に必要なシステムが手に入ります

なぜなら

  • 開業時の税務書類作成も無料&初心者でも5分で作成可能
  • ほぼ自動取込可能なクラウド会計も利用可能
  • 月980円のソフト利用料に確定申告費用もコミコミ

だからです。

ですから
freee (フリー)なら個人やフリーランスの
強い味方であり必須アイテムです。

こちらの記事をご覧いただければ
具体的にfreee (フリー)なら何ができるのか
についてご理解いただけます。

 

ちなみに

以下の解説本は
freee (フリー)を使って確定申告をする方法や
節税の方法までわかりやすく書かれているので
おすすめです。

今なら「1ヶ月分(約1,980円)」利用料が
無料になるクーポン付きです。
(もはや本代がタダで、なおかつお釣りが来ます

 

 

【結論】個人・副業・初心者ならfreee (フリー)。マネーフォワードは会計知識が必要。

freee (フリー)人事労務はベーシックがオススメ【入退社手続有・会計連動有・年末調整ペーパーレス】

【最新】クラウド会計ソフトfreee (フリー)|口コミ・評判を徹底調査

freee (フリー)の全メリット・デメリットまとめ

開業時の税務書類作成は意外と面倒くさい

個人やフリーランスの方が
起業・開業した際に税務署に提出する必要書類として

  • 開業届
  • 青色申告の承認申請書

とこちら2種は必須となってきます。

その他にも従業員を雇用する際には

  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉所得税の納期の特例申請書

が必要となってきます。

参考→ No.2090 新たに事業を始めたときの届出など|国税庁

通常、税理士等に作成を依頼すると
1種類の作成で約5,000円が相場価格です。

ですから最低でも
10,000円は取られてしまします。

かといって自身で作成しようとしても
「自分に必要な書類が何かわからない」
なんてことになります。

freee (フリー)なら
上記の提出資料作成が
簡単な質問に答えて、必要事項を入力するだけで
初心者でも自分に必要な資料を作成することが
可能です。

しかも無料です。

忙しい開業時には
活用するしか無いです。

→ freee (フリー)で個人事業の開業届作成・手続きを【無料&簡単&クーポン付】でする方法

 

 

「クラウド会計」という次世代ソフトなら時短可能

会計ソフトは時代とともに進化してきました。

いままでは
銀行明細を見ながら一行一行会計ソフトに
勘定科目を考えながら入力をしていく必要がありました。

また、
その他にもレシートも1枚1枚確認をしながら
手入力していくことも必要でした。

なんと今なら
上記の手作業がもう不要。

すべて自動で入力をしてもらえる機能が
登場しました。

予め銀行と会計ソフトを連携しておくだけで
自動で取引を取り込んで仕訳をしてくれます。

またレシート入力も
スマホでレシートを撮影するだけの簡単な作業に変化。

経理の知識が無くとも
誰でも正確な記帳をしていくことが可能です。

しかも月980からで利用することができる。

税理士に依頼すると最低でも
2万円は越えてくるでしょう。

開業してまもなくに
毎月2万円の固定は厳しい人も多いハズ。

freee (フリー)なら時短&低ランニングコストで
日々の経理が可能です。

 

 

ちなみに
開業当初は何かと経理周りに
不安があると思いますので

以下のような本に目を通しておくと
思いがけない知識が見つかります。

特に橘玲さんが書かれた
「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」はおすすめ。
リアルな節税・お金を残す知識が書かれています。

 

 

 

その他にも
必要となってくるであろう
「請求書作成」も月980円にコミコミです。

簡単に作成できてなおかつ会計にも自動反映。

初めてでも安心です。

freee (フリー)なら初心者でも請求書管理が簡単【会計連動・スマホ作成可・郵送代行】

 

月980円のソフト利用料に「確定申告費用」もコミコミ

確定申告は
個人事業主やフリーランスの方にとっては
所得税を確定させる年に一度の一大イベントです。

そもそも確定申告とはどういうものなのか
ご存知でしょうか?

確定申告とは

確定申告とは
個人の「所得税額」を確定させる作業を言います。個人として
「1年間にどれくらい所得(収入から支出を引いたもの)があったか」
を計算し、出てきた所得に
「所得税率」を掛けて所得税の金額を確定させます。これらの所得を算出する所から税額を決定させる所までの
一連の作業を「確定申告作業」と呼んでいます。

一見複雑そうに見える確定申告ですが
freee (フリー)を使えば簡単に行うことが出来ます。

基本的な会計は
日々の自動経理で行われているため
後は締めの作業を行うだけです。

作業と言ってもただただ
質問に答えていくだけです。

すると
初心者の方でも立派な確定申告書を作成することができます。

しかも作成料は月々の支払いにコミコミ。

通常税理士に作成を依頼すると
最低でも5〜6万円は取られてしまいます。

安くてなおかつ簡単に申告できますから
初めてでも安心です。

青色申告で確定申告するなら断然freee (フリー)|『誰でも簡単に素早く』作成可能

freee(フリー)のプレミアムプランなら税理士不要【税務調査サポート・50万円の補償・電話サポート・楽々確定申告】など

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

freee (フリー)なら
個人事業主やフリーランスの方の経理面を
しっかり支えてくれます。

今回の記事があなたの参考になれば幸いです。

 

 

【個人】無料クラウド会計ソフトfreee (フリー)の新規登録方法

freee (フリー)|個人事業主はスタータープランがおすすめな理由

【結論】個人・副業・初心者ならfreee (フリー)。マネーフォワードは会計知識が必要。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事