人気記事
freee (フリー) 勤怠管理 おすすめ

 

「freee (フリー)の勤怠管理システムって
実際のところはどうなの?

 

法人や個人事業主の方で
「日々の勤怠や給与計算を楽にできないかなぁ」と
悩まれている人も多いハズ。

結論からお伝えすると
「freee (フリー)の勤怠管理を導入することで
無駄な作業時間・人的コストを減らすことができます。

なぜなら

  • タイムカードいらずのWEB打刻
  • 就業時間を自動集計
  • 自動集計された情報を基に自動で給与計算
  • 他社の勤怠システムからも連動可能

だからです。

 

こちらの記事をご覧いただければ
freee (フリー)の勤怠管理がなぜおすすめなのか
についてご理解いただけます。

 

freee (フリー)人事労務はベーシックがオススメ【入退社手続有・会計連動有・年末調整ペーパーレス】

【最新】クラウド会計ソフトfreee (フリー)|口コミ・評判を徹底調査

freee (フリー)の全メリット・デメリットまとめ

 

スマホで簡単にWEB打刻。もう打刻機を買わなくていい。

freee (フリー) 勤怠管理

freee (フリー)なら
スマホやPCで簡単にWEBで打刻が可能です。

いちいちタイムカードやタイムレコーダー機を用意して
勤怠を管理する必要がありません。

ちなみにですが、
打刻の際に位置情報を自動で記録で記録します

ですから
外勤社員も出先で出退勤を正確に行うことができます。

また
出勤していないのに打刻するような
不正打刻も防止できます。

その他にも

  • ICカード打刻機能
  • カレンダー勤怠機能
  • 打刻リマインダー機能
  • 有給休暇の登録機能
  • Slack打刻機能

などなど

豊富な機能を取り揃えています。

 

エクセルはもう不要。自動で勤怠集計&自動で給与計算

freee (フリー) 勤怠管理

freee (フリー)勤怠管理のベーシックプランなら
勤怠を自動で正確に計算してまとめてくれます。

もう面倒なエクセル転記や計算は必要ありません。

給与計算で一番煩わしいのが
「時間外労働」です。

別途の計算式が必要であり
また時間外労働に深夜労働が絡んでくると
もうわけがわからなくなります。

freee (フリー)なら
深夜労働や時間外労働など
多彩な業務に対応。

さっと計算してもらえます。

またクラウドソフトなので
いつでも法律や規制変更を網羅した
最新状態です。

 

他社からの乗り換え不要。連携が可能で再設定も不要

freee (フリー)

freee (フリー)では他社の勤怠管理システムから
情報を連携させることが可能です。

連携が可能だから
移行に伴う細かな再設定が不要です。

また
API連携が可能な勤怠システムをご利用であれば
ボタンクリックで一発連携します。

もうCSVの出し入れをしたりする必要はありません。

勤怠管理システムを導入するならベーシックプラン

freee (フリー)

freee (フリー)の勤怠管理システムを導入するのであれば
断然「ベーシックプラン」がおすすめです。

なぜなら労務の知識がない初心者でも

  • 面倒な入退社手続き書類を簡単に自動作成
  • 給与計算を会計へ自動連携するので手間いらず
  • 年末調整がペーパーレスで驚異の時短
  • 「月々3,980円から」で社労士いらずの料金設定

だからです。

ベーシックプランで
業務を効率化させて空いた時間を
売上向上に活かしていきましょう。

freee (フリー)人事労務はベーシックがオススメ【入退社手続有・会計連動有・年末調整ペーパーレス】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

freee (フリー)勤怠管理を導入すれば
個人の方なら
空いた時間で売上げアップ。
法人なら
勤怠が楽になり従業員に喜ばれます。
特に経理担当は大喜び。

お金を払って時間を生み出し
そのできた時間で売上を伸ばせば大きく元がとれます。

今回の記事が
誰かの参考なれば幸いです。

 

 

【結論】個人・副業・初心者ならfreee (フリー)。マネーフォワードは会計知識が必要。

【個人】クラウド会計ソフトの使い方|日々の経理・入力の流れを解説

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事