人気記事
クラウド会計 コツ

 

「経理初心者の個人事業主なんだけど
クラウド会計の使い方がわからない」

 

freee (フリー)やマネーフォワードクラウド確定申告を
利用していて悩んでいる人は多いと思います。

結論からお伝えすると
「銀行明細やクレジットカード明細の
取込自動化を駆使して作業を減らす」
ことで経理知識がなくとも
楽に会計を行うことができます。

かつ
「現金決済を辞める」
ことでより楽に会計をすることができます。

私自身
会計事務所で勤務していた当時は
明細取込の自動化を駆使して
数十件の顧問先を担当していました。

この記事をご覧いただければ
上辺の会計ではなく
実務でも利用されている会計のコツを知ることができます。

 

マネーフォワードクラウド確定申告の評判をまとめてみた

freee (フリー)の全メリット・デメリットまとめ

もはや必須|銀行口座やクレジットカードの自動取込登録

経理の知識が無ければない人ほど
「口座やカード明細の自動取込登録」
はしておくべきです。

なぜなら
自動で取り込んでくれてかつ
勘定科目(交際費とか旅費交通費等)を
自動で決めて仕訳をしてくれるからです。

経理がわからない方で
最初につまづくポイントはある程度決まっており

  • そもそも仕訳ってなに?
  • どっちが右側でどっちが左側?
  • これって何費になるの?

といったポイントです。

ですが
自動取込を設定してしまえば
上記のつまづきポイントは
すべて自動で行ってくれるため
悩む必要がありません。

ですから
予め自動取引取込は登録しておきましょう。

 

⇛【freee (フリー)で自動取込を設定する方法

⇛【マネーフォワードクラウド確定申告で自動取込を設定する方法

 

もっと会計を楽にするなら『現金を使わない』

もっと会計を楽にしたいのであれば
日頃の現金利用を『カードや電子マネー』に変えましょう。

なぜなら
カードや電子マネーで支払っておけば
自動で取引を取り込んで仕訳をしてくれるため
細かなレシート入力の必要がないからです。

例えば、
お客様との打ち合わせとして
喫茶店やレストランなどを利用することが多いと思います。

このような打ち合わせの場面において
現金で支払うのではなく
カードで支払っておけば
わざわざレシートを集めなくて済みます。

また
細かな書籍代等の費用も
電子マネーで支払えばレシート不要。

自動で取引取り込んでもらえます。

マネーフォワードクラウド確定申告なら
電子決済の明細も取り込み可能です。

ですから
現金決済を極力減らして
カードや電子マネーを利用しましょう。

ちなみに
以下の写真が
freee (フリー)とマネーフォワードクラウド確定申告で
連携可能なクレジットカードと電子マネーの一覧です。

freee (フリー)

詳細はこちら

クレジットカード

freee (フリー)
freee (フリー)
freee (フリー)
freee (フリー)

 

電子マネー

freee (フリー)

 

 

マネーフォワード

クレジットカード

マネーフォワードクラウド確定申告

 

電子マネー

マネーフォワードクラウド確定申告

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

経理がわからなくても
クラウド会計のチカラを借りれば
無理なく経理作業が可能です。

ぜひチャレンジしてみてください。

⇛【簡単1分であなたの税額を診断

⇛【マネーフォワードクラウド確定申告の評判をまとめてみた

⇛【freee (フリー)の全メリット・デメリットまとめ

⇛【マネーフォワード|クラウド確定申告の詳細

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事