人気記事
freee (フリー) 無料 プラン あり 簡単

 

「freee (フリー)って無料プランあるの

 

結論からお伝えすると、
実はfreee (フリー)には無料プランがあります。

無料プランを利用する方法は

  1. 通常通り無料で会員登録する。
  2. お試し期間のままで放置する

この手順だけで無料プランへ切り替わります。

 

また、現在料金を払っている方でも
料金の支払いを停止するだけで無料プランへ切り替わります。

そして、確定申告時のみ利用料金を支払って、
1年間分の取引を入力して確定申告を済ませる。

上記のような方法を使えば
freee (フリー)を最大限無料で利用することができます。

 

 

しかし、無料プランには、
「できること・できないこと」があります。

  • 直近1ヶ月分のデータしか編集&閲覧できない
  • 仕訳帳などデータの取り出しができない
  • 確定申告できない

などなどです。

こちらの記事をご覧いただければ
無料プランの詳細について
ご理解いただけます。

 

【重要】freee (フリー)で法人設立後は自分で税務書類・保険加入書類の提出が必要

freee (フリー)人事労務はベーシックがオススメ【入退社手続有・会計連動有・年末調整ペーパーレス】

確定申告時のみ、料金を払って年間の入力をする。

冒頭でもお伝えしたとおり、
freee (フリー)には無料プランが存在しています。

ですから直近1ヶ月分の入力であれば
無料で自動取込などの機能を利用することができます。

ですが
確定申告は有料です。

そこで、最大限に安く利用する方法として
確定申告時のみ有料課金するという方法があります。

実際に行う方法は簡単で、

  1. 確定申告前に料金を支払い、
    有料会員になる。
  2. 全機能使えるので申告に必要なデータを
    1年間分入力する。
  3. 簡単な確定申告書類作成を済ませて
    実際に申告してしまう。
  4. 支払いの停止をしてまた無料会員となる。

以上です。

上記の方法を用いれば
最大限に安く利用することができます。

【簡単】freee (フリー)の退会・解約は支払い停止するだけ|事前に注意するポイントも解説

 

メリットは圧倒的安さ。デメリットは機能制限

無料プランのメリットは、やはり
「圧倒的コストパフォーマンがいい」という点です。

銀行明細の自動取込や請求書発行機能など
最新のシステムが無料で利用できることは
魅力的です。

そしてデメリットは、「機能制限」です。

 機能 無料プランでの制限
取引データの閲覧・編集 直近1か月に登録したデータのみ可(※)
請求書類の閲覧・編集 直近1か月に登録した書類のみ可(※)
書類の写真等のデータ取込
(ファイルボックス)
 月5枚まで
仕訳帳のCSV/PDF出力 お試し10データの出力のみ
総勘定元帳のCSV/PDF出力 お試し10データの出力のみ
取引データのCSV出力 利用不可
メンバー招待可能人数 3名まで招待可能
(事業所の作成者を含む)
チャットサポート 登録後1週間のみ利用可
メールサポート 3営業日でご返信
(お急ぎメールサポートは利用不可)
電話サポート 利用不可
決算書・確定申告書類の作成機能 プレビューの表示まで可能
(PDF出力不可)

と、これだけの機能が制限されてしまいます。

人によっては
有料プランにしたほうが効率がいい人も出てくるでしょう。

ちなみにですが
1か月以前に登録したデータは、
しっかりと保存されてますのでご安心ください。

 

年間売上が100万円も無いなら、無料プランで十分

もしあなたが
「年間売上が100万円にも満たない」のであれば
無料プランで問題ないと言えます。

なぜなら

  • 1年間で行う経理業務が少ない
  • 請求書発行の枚数も少なく煩雑ではない

からです。

おそらく、
年間に行う経理業務に掛かる時間は、
少ないと予想できますので、年度末にまとめて
1年間分を経理処理をしても負担になりません。

また、
日頃の請求書発行も100万の売上であれば
少ないですので、煩雑になりにくいでしょう。

総じて
年間売上が100万円に満たないと予想できそうであれば
無料プランで問題ありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

freee (フリー)の無料プランを利用すれば
経理に掛かる経費を抑えることができます。

方法も「支払いを停止するだけ」
と簡単ですので、ぜひ試して見てください。

今回の記事があなたの参考になれば幸いです。

 

【個人】無料クラウド会計ソフトfreee (フリー)の新規登録方法

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事