人気記事
マネーフォワードクラウド確定申告 プラン おすすめ

 

「個人事業主なんだけど
マネーフォワードクラウド確定申告のプランって
何を選べば良いんだろう」

いざマネーフォワードクラウド確定申告を申し込もうと
決めたもののどのプランを選ばべいいか
迷ってしまう人も多いと思います。

結論からお伝えすると
「パーソナルライトで問題なし
です。

なぜなら
プランを上げることはすぐにできて簡単だからです。

パーソナルライトで使用していて
「これをもっと使いたい!」
という事象が出てきた段階で
1つ上のプランに切り替えればいいです。

ちなみにあくまでも目安ですが
年間売上が5,000万円を越えてくる個人事業で
請求書発行や管理が煩雑なのであれば
パーソナルプランがおすすめです。

この記事をご覧いただければ
「パーソナルライトを導入してどのように利用していくのか」

「始めからパーソナルプランを選んでどのように利用していくか」
をお伝えします。

マネーフォワードクラウド確定申告の評判をまとめてみた

freee (フリー)の全メリット・デメリットまとめ

基本のパーソナルライトでどんな会計でも可能

基本的にパーソナルライトを選んでおけば
どのような会計処理も可能です。

パーソナルライト
パーソナル
パーソナルプラス

それぞれの料金の違いは
付属するサービスの数によって値段が変わっています。

ですから
会計サービス単体で見れば
パーソナルライトで十分です。

パーソナルライトでも

  • クラウド請求書(機能制限あり)
  • クラウド給与計算
  • クラウド経費精算
  • クラウドマイナンバー

と4つの機能を利用できます。

個人事業を行っていて給与計算や経費精算機能が
利用できるのであれば鬼に金棒です。

特に従業員を雇用している方でしたら
嬉しい機能ばかりです。

開業したての経理初心者の方でも
パーソナルライトで十分安心して利用できます。

パーソナルライト登録後に
銀行口座やクレジットカードを登録し
自動で取引を取り込めるように設定しておきましょう。

こうすることで
日々の取引が自動で入力・仕訳されます。

会計知識が無くとも
マネーフォワードが自動で判別して
仕訳を行ってくれるため手間が掛かりません。

会計知識は経営を行っていく上で
必要になってきますので
取引が少ない開業時期に少しづつ会計知識を
取り入れていけば十分です。

 

【元会計事務所職員が伝授】『自動化と脱現金』でクラウド会計を楽にする使い方

【個人】クラウド会計ソフトの使い方|日々の経理・入力の流れを解説

 

パーソナルプランなら請求書発行を自動化しよう。

冒頭でも書きましたが
ある程度経営がしっかりしてきて
売上もそこそこ出ている個人事業であれば
クラウド請求書を活用しましょう。

クラウド請求書なら
毎月同額の請求を行っている得意先であれば
自動で請求書を発行して郵送も行ってくれます。

しかも
自動で売上・請求が入金をしているかどうかも
消込確認してくれます。

ですから
経営者の方や経理担当がすることは
消込を確認して入金されていない企業に連絡だったり
毎月同額の請求書の金額が変われば調整など
業務が楽になります。

ある程度の売上規模があるなら
パーソナルプランをおすすめします。
(事業にも寄りますが、請求書の作成頻度を目安にしてください
大体30件以上越えてくるなら自動化するメリットは大きいでしょう)

パーソナルプラスは本当に必要な人だけでいい

パーソナルプラスは
上記のパーソナルプランに
電話サポートが付くのみとなります。

クラウド確定申告の機能に関する
質問を電話で対応してもらえます。

料金はパーソナルプランに+月々500円

年間6000円を払ってでも
電話対応をしてもらいたい人が利用するプランです。

基本的に機能に関しては
メールやチャットサポートでも同様に質問できますので
本当に電話で質問したいという人に限定されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

繰り返しになりますが
「パーソナルライト」
で十分な機能が備わっています。

会計知識が無い中で
プランを選ばなければ行けないのは
なかなかつらいことだと思います。

ぜひ今回の記事が皆さんのお役に立てていれば幸いです。

 

簡単1分であなたの税額を診断

マネーフォワードクラウド確定申告の評判をまとめてみた

freee (フリー)の全メリット・デメリットまとめ

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

面倒な会計処理、安い税理士に【丸投げ】してみませんか?
\ 【税理士ドットコム】で面倒な会計処理を簡単に!  /

\ 面倒くさい会計処理や手続きも、丸投げできる! /
おすすめの記事